CADは導入すべき?手書き製図のメリット・デメリット

CADは導入すべき?手書き製図のメリット・デメリット


CADとはそもそも何のこと?

技術発展が目覚ましい速度で進んでいる現代、手書き製図の代わりに導入され始めているのがCADです。しかし、「CADと聞いても何のことなのかわからない」という方もいますよね。CADというのは、Computer Aided Designの略語で、日本語ではコンピューター支援設計と訳されることが多いです。今までは全て人の手で製図を書いていたところを、コンピューターが設計・デザインすることで、業務の効率化を図れます。

手書き製図のメリット

CADが普及する中で、手書き製図を続けている方は未だに存在します。中には、「コンピューターに全て任せる方が効率的」という方もいるかもしれませんが、手書き製図にもCADにはないメリットが幾つかあります。まず挙げられるのが、初期費用がほとんどかからないという点です。CADは確かに高性能で利便性の高いシステムではありますが、一方でCADは高いCPUが搭載されているコンピューターでなければ十分に機能しません。専用のソフトウェアも含め、CADを導入して利用できるまでにはかなりの費用がかかってしまいます。手書き製図であれば、最低限設計図用の紙とペンさえあれば作れるため、CADを導入するよりも大幅にコストを削減することが可能です。また、手書き製図のメリットとして、製図や設計に関する知識や経験が身に付くという点も挙げられます。実は、CADでしか製図をしたことがない方の中には、手書き製図ができないという方も少なくありません。理由はさまざま、CADはコンピューターが自動で製図してくれるため、自分で寸法などを測る必要がないからです。手書き製図の場合は寸法など全て自分で測定する必要があるため、CADよりも知識や経験を得ることができます。

手書き製図のデメリット

手書き製図のデメリットは、「効率が悪い」という点でしょう。CADは十分に機能すれば早くて数秒で製図が終わることもあるため、手書き製図よりも圧倒的に効率よく製図することができます。数秒、数分の違いが積み重なれば大きなタイムロスが出てしまうため、企業ではCADを導入するのが基本となっています。また、手書き製図はデジタルで行うものもありますが、基本的に紙媒体で行うことが多いです。そのため、コンピューター上でデータを管理できるCADとは違って、データを共有することが難しいというのもデメリットです。

CADは導入すべきなのか

CADは高性能で効率的な製図システムですが、CADにはないメリットが手書き製図には存在します。効率を重視するならCADを導入すべきですが、コスト削減やスキルアップを目的とするなら手書き製図の方が良いでしょう。

電気CADはデータを多くの人と共有できます。図面のやり取りの方法やたくさんの人で作図ができるため作業の効率化が実現します。